当サイトは広告を含むページがあります

【ビレッジハウス】賃貸の保証人とはどのようなもの?緊急連絡先との違いは?

賃貸物件を借りるときに必要な保証人。

保証人がいらない場合は、保証会社が必要ですよね?

ビレッジハウスの場合、保証人や保証会社は必要なのでしょうか?

保証人がいない場合は?

ビレッジハウスを借りてみた体験からお話しします。

▼ビレッジハウスのお部屋探しはこちらから
家賃2万円台~、全国47の都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開!

▼知りたい内容は目次からも探せます。

賃貸物件の保証人とは?

賃貸物件の保証人とは、なにを意味するのでしょうか?

保証人は……

部屋の借主が、家賃を滞納したり物件を壊したりしたときに、借主に代わって弁済(家賃や物件の修復に必要な費用を支払う)する責任を引き受ける人のこと。

保証人には、法的な責任があるのです。

保証人は誰がなるもの?

賃貸物件を借りるときの保証人は、誰がなるもの?

一般的には、親、または2親等以内の親族(兄弟または姉妹、祖父母、孫)です。

条件は?

継続的で安定的な収入がある人
反社会的勢力に関係した人物ではないこと

賃貸契約では、保証人の印鑑証明や収入証明(源泉徴収など)が必要になります。

これは、保証人が、借主にかわって家賃などを支払える経済力があることを証明するために出します。

※親が高齢ですでに年金暮しといった場合、保証人として認められないこともあります。

保証人を頼むのは精神的負担になることも

賃貸契約に必要とはいえ、保証人に、印鑑証明や収入証明をお願いするのは負担に感じることもありますよね。

親に頼める場合はまだいいとしても、兄弟姉妹だと気を使うことのあるのではないでしょうか?

できればこういったこと(誰かに保証人を頼む)はなしで賃貸契約できたら、と考える人も多いでしょう?

【体験談】ビレッジハウスは保証人なしで借りられる?

家賃20,000円台から。日本全国に物件があるビレッジハウス

ビレッジハウスは良質な賃貸住宅を、簡単な手続きとおトクな価格で提供できるよう努力しています。(ビレッジハウス)

ビレッジハウスは、フリーターや派遣、ひとり親世帯、高齢者、単身者(シングル)などでも借りやすいことで知られています。

ビレッジハウスは保証人なしで借りられるのでしょうか?

筆者の体験では……

保証人なしでも借りられました!

ビレッジハウスの公式サイトでも……

2. 保証人は必要?

いいえ。できるだけ早くお客様に新しい暮らしと生活を楽しんでいただけるよう、ビレッジハウスは敷金礼金保証人なし、賃貸仲介なし直接賃貸できるサポートを提供しております。
(ビレッジハウス)

保証人はいらないと書かれています。

誰にも保証人を頼めない、できれば頼みたくないという場合でも、ビレッジハウスなら賃貸契約ができるのです。

ビレッジハウスの入居審査に保証人は必要ですか?

【体験談】筆者の場合

筆者がビレッジハウスへ入居申し込みをしたときは、「緊急連絡先」のみ書きました。

きょうだいにたのみましたが、姓が違っていたのでその理由だけ聞かれました。

緊急連絡先をたのめる人がいない場合は?

代行サービスを利用するという方法があります。調べてみましたが、代行を利用しても法律違反にはならないことがわかりました。

下記記事でくわしく解説しています!

賃貸契約の緊急連絡先がいない場合・代行サービスは利用していいの?

続きを見る

保証人不要の賃貸物件はほとんどない

考えてみれば、保証人が不要の賃貸物件は、一般賃貸のアパートやマンションにはほぼないのが現状です。

保証人が不要の物件の場合は、保証会社に保証人の代理人をしてもらうのが一般的。

その場合は、審査もある程度のきびしさがありますし、費用もかかります。

最近では、県営住宅や市営住宅など公営団地でも保証人は必ず必要になっています。

ビレッジハウスのように、民間の賃貸物件なのに保証人が不要でなおかつ保証会社への加入も不要。

このような賃貸物件は、かなりめずらしいということです。

「引っ越しを検討中だけど、保証人がいないので困っている」という方は、ビレッジハウスをぜひ候補にしてみてください。

【体験談】ビレッジハウスに住んでみた。評判や審査、初期費用はどう?

続きを見る

ビレッジハウスは入居しやすい!

ビレッジハウスは、保証人不要以外にも、とても入居しやすい条件が用意されていることを知っていますか?

入居しやすさのひとつめは……

単身者(一人暮らし、女性、男性、高齢者)、二人暮らし(夫婦、恋人、同棲、友人との同居)、ハウスシェア、家族、外国人の入居を受け入れていること。

入居しやすさのふたつめは……

市営住宅や県営住宅などにある抽選がないですし、保証人が不要で、年収、年齢、職業などの条件もないこと。年金生活、生活保護の方でも大丈夫です。

入居しやすさのみっつめは……

敷金・礼金・鍵交換代などの初期費用が無料、仲介手数料や更新料も不要なこと。入居の際の費用は、前家賃と火災保険のみという好条件です。

気になるお部屋があれば、内見だけでもしておきましょう。一度見ておけば、ほかのアパートやマンションとの比較もしやすいですよ。

※内見の予約はネットのみで完了します。

まとめ

ビレッジハウスの入居には、保証人はいらないことがわかりました。

ビレッジハウスは、「一般の賃貸住宅の入居審査はきびしい」、「初期費用が高い」と思っている方にもやさしい入居条件がそろっています。

 

お部屋探しがこれから、という方は。ビレッジハウス住まいセンター の「お問い合わせ」から、「名前・メールアドレス・電話番号」を記入して、「物件を紹介してほしい」「希望する物件の内見をしたい」と書いて送信しましょう。

※問い合わせてもしつこい勧誘などはないので安心してくださいね

ビレッジハウスでは、「フリーレント(家賃無料)1ヶ月」と、「引っ越しサポート3万円」のキャンペーンがあるので、こちらを上手に利用しましょう。上記公式サイトの「お得な情報」からチェック!

キャンペーンは、対象となる物件でのみ受けられます。希望する物件がキャンペーンの対象かどうかは、メールで問い合わせると教えてもらえます。

ビレッジハウス入居までの流れ

入居までの流れ
内見の流れと注意点

Sponsored Link

-ビレッジハウスについて紹介
-, ,

error: Sorry!!Content is protected !!

© 2024 手ぶら・ゆる旅・ゆる暮し